トイレを開放的でお洒落な空間にするためには

>

狭くても開放的な空間に見せるには観葉植物が便利

窓があるトイレであれば窓際に置いてみる

トイレに観葉植物を置くなら、明るい窓際に置くと華やかな印象になります。
陽に当たる場所であれば、どんな観葉植物でも置けるので、窓があるトイレであれば、窓際が一番ベストなポジションと言えます。出窓風になっている窓であればその出窓に置けるサイズの観葉植物を選ぶと良いでしょう。出窓がなくても棚板があればその上に置かれると良いと思います。
ポトスやアイビーのように、成長が早く、下に垂れ下がるような植物であれば、窓際から垂れ下がる観葉植物がさらに華やかな空間を演出します。
また、そのまま垂れ下がらせても良いですが、窓枠に巻きつけたりリース型にしたりするのもお洒落な印象を与えることが出来るのでお勧めです。
もちろんフェイクでも十分に華やかな印象を受けますので、窓があるトイレであれば窓際は必ず使ったほうが良いと思います。

窓がないトイレであれば床置きも良い

団地やワンルームの賃貸マンションなどでは、窓がないタイプのトイレであることは珍しくないことです。
窓がないトイレの場合は、床置きが良いでしょう。
狭いトイレであれば、細長いタイプの鉢植えを利用して、角に一つずつ並べるのも良いと思います。タンクタイプのトイレであれば、タンクの上に観葉植物を置くのも良いですね。
また、壁掛けポットを使って飾るのもお洒落な印象を受けるのでお勧めです。
棚板があればその上に置くと良いですし、なければ棚板を取り付けてその上に置かれても良いと思います。
壁掛けポットと棚板は、賃貸でも取り付けられるようなものもありますので、是非探してみてください。
トイレが狭い場合は、透明タイプの棚板や壁紙と同系色の棚板の方が圧迫感が出ないので良いのではないでしょうか。


この記事をシェアする